このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年に発売されて以降、17年連続国内売り上げNo.1というモンスターブランドXXIO(ゼクシオ)
ここ数年は2年おきの12月に新シリーズが発売されています。

今のバージョンの「XXIO9」が発売されたのが、 2015年12月5日 


ということは、、?

そう、2年後となる今年、2017年12月9日新シリーズ【XXIO X(10)が発売されるんです。

パパが今使っているクラブは、別ブランドのもので、購入してから既に、十数年が経過しています。
一時期は殆どお休み状態の時もあったのですが、ここ1~2年は、コンスタントに練習をし、数か月に1回くらいのペースではありますが、ラウンドにも出ています。
XXIO,ゼクシオ,XXIO9,バージョンアップ,XXIO10
さすがに、そろそろ新しいクラブに買い替えたいな~とは思ってみても、何せ、ゴルフクラブってものはかなり高価。
しかも、買い替えるとなると、1本だけじゃすみませんよね(^^;
そんなことで、なかなか新しいクラブを購入するには至っていなかったのです。

でも、十数年前に比べると、クラブがかなり進化しているのは事実。
当然、今のクラブに比べると、飛距離も伸び、少しは楽にまわれるんだろうなぁ、、
そんなことを考えているうちに、不動の人気No.1「XXIO」シリーズ2年に1度のバージョンアップの時期が近付いてきたわけです。

新シリーズの発売が決まると、当然の流れで、現行シリーズの値下げ↘が始まります。
待てば待つほど、発売前ギリギリになればなるほど、価格は下がるのかもしれませんが、自分の欲しいスペックが無くなってしまう可能性もあります。
売り切れてしまっては、話になりません。
ということで、まだ在庫が比較的潤っている、きっと「買うなら今!」という10月中旬に、、、

ポチっ。

いっちゃいました。
ドライバー、ユーティリティー、フェアウェイウッド×2本の計4本!
XXIO,ゼクシオ,XXIO9,バージョンアップ,XXIO10,MIYAZAKIシャフト

もちろん、実際はすんなり買ったわけではありません。
ここに至るまでかなり悩みました。
安くなっているとはいえ、4本ともなると、相当高い買い物です。
でも、パパの気持ちの中では、次に買い替えるなら「XXIO」と決めていました。
もちろん、クラブ自体が魅力的というのもあるのですが、元々ゴルフを始めた時に使っていたのが初代「XXIO」だったので、原点に戻るというのか、そんな気持ちもあったそうで、それなら、新品を一番安く買える今しかない、と思い切ったわけです。

「XXIO」と言えば、「飛び」「やさしさ」「爽快な打球音」を追求し続けているモデルですが、「XXIO 9」は、高弾道で気持よく軽快に飛ばせる【MP900・レギュラーシャフト】と、MP900のテクノロジーをベースに、適度な重量感とやさしさを両立させたプレミアムシャフト【Miyazaki Melas(メラン)】があります。
XXIO,ゼクシオ,XXIO9,バージョンアップ,XXIO10,MIYAZAKIシャフト

引用元:http://golf.dunlop.co.jp/xxio/9/miyazaki/index.htmlXXIO9 Miyazaki Model

パパが選んだのは、MiyazakiシャフトのS
レギュラーシャフトだと少し軽すぎ、柔らかすぎるのですが、Miyazakiシャフトがあったおかげで、自分に合うスペックでクラブ選択が出来ました。
XXIO,ゼクシオ,XXIO9,バージョンアップ,XXIO10,MIYAZAKIシャフト

付属のヘッドカバーもあるのですが、、
XXIO,ゼクシオ,XXIO9,バージョンアップ,XXIO10,MIYAZAKIシャフト

人気のXXIOなので、盗難防止という意味で、ヘッドカバーは別途購入しました。
XXIO,ゼクシオ,XXIO9,バージョンアップ,XXIO10,MIYAZAKIシャフト

早速、翌週、練習に行ってきましたが、やっぱり「飛距離」は随分違うそうです。
いつも、極寒、猛暑の時期を避けてラウンドに出るパパ。
春になったら気持ちよくラウンドできるように、頑張って練習して下さいよ~。

スポンサードリンク