2020年9月の4連休。
信楽焼の産地である、滋賀県甲賀市信楽町の「陶芸の森」で、毎年秋に開催されている【信楽セラミック・アート・マーケット】に行ってきました。

ん?セラミック?アート?
名前を聞いてもピンとこないのですが、簡単に言うと、滋賀県に在住、在勤の、陶芸をはじめとする作家さん達が、自身で制作した作品を、自ら販売する「手作り市」という感じでしょうか。

若手作家さんの育成や支援などを目的に開催されているもので、今回で25回目。
信楽焼の技術を継承しつつ、その枠にとらわれすぎないオシャレな和食器などが出品されるということで、若い世代の方にも大人気のイベントなんだそう。

毎年、県内外、そして海外からも多くの方が来場され、ピーク時は信楽インターから会場までの約5kmの道中がずっと渋滞したこともあるほどで、早くに行かないと渋滞に巻き込まれるだけでなく、駐車場も満車でなかなか入れない、と他の方のブログや作家さんにお聞きしたので、当日は早朝に出発。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼き
幸い、夏の間、ママは毎朝、5時前に起きて愛犬こまと早朝散歩、パパも休日は早く起きてゴルフの練習、と、ちょうど早起きにも慣れている時期だったので、そこまで苦ではなかったです。

朝食は、ドライブスルーで「朝マック」を買って、車中で食べながら進みます。
万が一、渋滞した時用に、裏道ルートをしっかり確認し、抜け道対策バッチリだったのですが、朝早くに出たのが功を奏し、ナビで確認しても「信楽インター」付近渋滞なしの情報だったので、そのまま本来の行き方で行くことに。
淡路正菊荘,セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵

信楽インターからも渋滞無くスムーズに進み、7時10分、目的地である「陶芸の森」に到着です。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼き

【陶芸の森】
せっかく早く着いたというのに、ここにきて、どこの駐車場に停めたらいいのか調べていなかったことに気づきます、、💦
リサーチ上手なパパと違って、ママはここぞのツメが甘いのです😂

とりあえず、なんとなくここかなぁ?という第4駐車場(※下航空写真①)に入ってみることに。
スタートは9時からで、まだ7時過ぎだというのに、パッとみた感じ、既に7割くらいは車が埋まっている状態。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼
会場らしき場所は少し上にあるようです。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼

車はもっと上まで上っていけるのですが(※下航空写真②)、そうすると、今度はイベント会場が下になってしまい、
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵
会場まではかなり急で長い階段を上り下りしないといけなくなるのです。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵なので、結果的に停めた駐車場で正解だったみたい。ほっ、、

【駐車場周辺航空写真】

ただ、イベントに来られる人数に対し、台数はそれほど多くないので、早い時間に満車になってしまう可能性大で、実際、行った時も、7時50分には下の駐車場は満車、上の駐車場しか空いておらず、坂道は渋滞が起きていました。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼なので、やはり、渋滞や満車を避ける為には、できるだけ8時までには到着しておく方がスムーズなのかな、と思います。

セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼

さて、今回のこのイベントへの参加について。
正直の話、実は、今まで、信楽焼はおろか、器自体に、そこまで興味があるわけではなかった、いやむしろ、興味がなかったと言った方が良いくらいだったのですが、そんな私がパパや、愛犬こまをも巻き込んで、ここまで早い時間に、ある意味、必死になって参加したのには理由があるのです。

それが、「ある作家さん」とのご縁
こまのアカウントで始めたインスタでは、基本的に、こまと同じ犬舎出身の柴ちゃんは殆どフォローしています。
そのうちの1ワンに、シロくんという白柴ちゃんがいるのですが、
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵そのシロくんのオーナーさんご夫妻が、たまたま信楽焼の陶芸作家さんだったのです。

それでも、最初はあくまで 「シロくんのママさん・パパさん」としてやりとりをしていたのですが、ある時、過去にパパさんがpostされていた、コーヒーカップの写真を見つけてズキュン!!と一目惚れ。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵※【Shigeki Yamada/Instagram

そして、更にママさんの作品も、パパさんのとは全く別のテイストで、お顔つきのデザインは、一つ一つ手作りなので表情も微妙に違って、ほのぼのした雰囲気がとってもかわいい!
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵※【Hiroe Yamada Instagram

そんな感じで、だんだんお二人の器の魅力に惹き込まれていったわけなのですが、実際、買いたい、欲しいと思っても、扱っているギャラリーは近くにはなく、特に、かなり手間と時間がかかっているであろうママさんの分は、ネットで見つけても、ほぼ全てがsold out、簡単には入手できないことが判明。

その上、普段、昔行った結婚式の引き出物や、100円均一、300円均一など、チープな食器を使っている我が家にとって、作家さんの本格的な器は、簡単にぽんっと手が出るお値段ではないので、サイズなどで失敗することは、尚更のこと許されません。

そう考えると、ちゃんと自分の目でみて手にとって納得いくものを買いたい、と思うのが当然の流れで、そして、それができるのが、このイベント【信楽セラミック・アート・マーケット】だったというわけです。
※同じようなイベント【信楽作家市】がGWに開催されているので、年二回チャンスがあります。

前置きが長くなってしまいましたが、イベントに来たきっかけはそんな感じ。
でも、多分、殆どの方は、純粋に信楽焼や器が好きで、来られているんだと思います。
人気の作家さんのブースの前には、早い時間から長蛇の列ができていたり、予定されていた整理券が早々に終了していたり、、
初めて参加の私達には、なにをどうしたら?、、状態。

今年は特に、コロナ対策として、整理券を配られるブースも増え、しろくんママさんのところもその一つだったので、早速、到着早々、ブースに行って整理券を、と思ったら、、
さすが人気作家さん、↓↓↓ボードは空っぽ。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵
続きの時間帯は、ママさん達が到着後、配られるというので、とりあえずブースに並び、
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵11時半から入場可能な整理券をいただいてから、場内を散策してまわることに。

セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼き

第25回信楽セラミックアートマーケットテント配置図

会場内はこんな感じで、ずら〜〜っとテントが並んでいます。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼今回はコロナ対策として、例年より約1割減の、136軒出店されたそうです。

セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼
会場内のあちこちでもコロナ対策がとられ、ブースの列の間や、階段などは一方通行になっていました。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼
たくさんブースがある中で、目に留まったのがこちらの猫ちゃん達の置物。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼
実は今回、せっかく信楽に行くなら、玄関に「信楽たぬき」を置きたいな、と思っていたのですが、この招き猫も捨てがたい!
悩みに悩んだ末、たぬきは玄関外に置いて、招き猫は玄関の中に置くことに決定。
いろいろあった中で、こちらをお買い上げです。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,招き猫※【unnyandou・雲林院ユカリ Instagram

飲食のブースも何軒か出ており、たこ焼きやラーメン、アップルパイなどがありました。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼
こちらの建物ではお弁当の販売もあったようです。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽

今回、会場では、シロくん以外に、同じ犬舎出身の4ワンにも会えて、わちゃわちゃ楽しかったのですが、それはまた、こまのブログで詳しく書くとして、、
淡路正菊荘,セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵
淡路正菊荘,セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵

ブラブラ散策したり、お友達ワンコと遊んだりしている間に、整理券の時間になってきたので、ブースに戻ってみると、、
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵売り場の周りには整理券を持っていない方(12時からフリー入場)の列ができていました。
やっぱり、ママさんすごい人気ですね!

ちなみに、来年以降どうなるかは不明ですが、今年においては、初日の整理券は12時まで、二日目は9時45分まで、最終日は整理券無し、だったそうです。
例年、日にちによって年齢層や客層が全然違うんだとか、、
多分、若い人や熱烈なファンの人は、品数の多い初日を狙ってくるんでしょうね。

さて、目をつけていたお皿は残ってるかな。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵
ドキドキしながら入場すると、一番に欲しかった「たぬきのお顔がついたお皿」は、残念ながら無くなっていましたが、他の柄でも十分かわいいのがまだ残っていたので、購入制限である5点、マックスで購入です。
パパさんのは、特に制限がなかったので、2セットづつ4種類購入し、
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵簡単にご挨拶を済ませてから、12時すぎ、大満足の気分で会場を後にしました。
※買った商品は、第二部でじっくり紹介します。

この時間になると、道路も渋滞していて、結構長い列とすれ違いましたが、さすがに信楽インターまでということはなく、そのうち途切れました。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼

後は【たぬきの置物】を買うだけなんですが、道中あちこちでそれらしいお店を見かけたので、とりあえず、帰り道にあった【マルタカ陶器】という大きなお店に入って、見てみることに。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,信楽たぬき,マルタカ陶器
大きさ、形、顔、デザイン、いろんな種類のたぬきがずらりと並んでいます。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,信楽たぬき,マルタカ陶器
たぬきだけでなく、ふくろうも縁起が良い生き物なんですよね、、、
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,信楽たぬき
こま:お母しゃん、これなんかいいんじゃないですか?
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,信楽たぬきそう思っていると、ちょうど、たぬきとふくろうがセットになった、なんとも縁起の良さそうな、そして、お顔も愛らしいたぬきさんを発見。
この子を連れて帰ることにしました。

その後、お昼はコンビニでおにぎりを買って駐車場で食べ、道中どこも渋滞することなく、スムーズに進み、
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵14時過ぎ、無事帰宅です。

早速、玄関にたぬきさんを置いてみます。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵
もうちょっと大きくても良いくらいだったかもしれませんが、まぁまぁよし!
良い感じです👍

次は招き猫ちゃん。
これは、玄関入って正面、階段ののぼり口にある、カウンターに設置。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,招き猫

どちらも、家に帰ると、良いお顔でお出迎えしてくれるので、なんともほっこりあったかい気分になれそうです。
連れて帰ってきて大正解でした♪

さて、玄関に飾ったら、次はお楽しみ、買ってきた器の【開封の儀】となるのですが、それはまた続編で👍

え〜、こんなイベントあったんだ〜、行きたかったな〜😩と思われた方!
次のチャンスは、GWに開催される【信楽作家市】です。
2020年はコロナの影響で、残念ながら、開催中止となりましたが、2021年は予定では5/2〜5に開催となっています。
詳細は公式サイト【信楽作家市】でご確認くださいね。
セラミックアートマーケット,陶芸の森,信楽,信楽焼,山田茂樹,山田裕恵