【ウィルキンソン】といえば、炭酸ブランドとして有名ですが、そのネーミングから、もしかすると海外ブランドと思っておられる方もいるのではないでしょうか?

実は、この「ウィルキンソン」、日本生まれというだけでなく、宝塚が発祥の地ということは、地元の方でも、あまり知られていない事実です。
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機かくいう私も、1年くらい前まで、知らなかったどころか、海外ブランドだと思っていた一人です。

2019年3月、それをPRすべく、宝塚駅から武庫川にかかる「宝来橋」を渡ったところに「ウィルキンソンタンサン」のみの自動販売機と、看板が設置されました。
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機

見事なまでに、「ウイルキンソンタンサン」のノーマルパッケージのみ!
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機

自動販売機と並んだ看板には、ウィルキンソン炭酸発祥の経緯が書かれています。
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機ということで、「宝塚とウィルキンソン」との関係を、我が家の愛犬こまがざっくり説明させていただきます。
では、こまちゃんどうぞ。

koma
koma
わかりました!おまかせください。<(*¯꒳¯*)>
始まりは、今から100年以上前の1889年のこと。
日本に住んでるイギリス人のウィルキンソンさんが、狩りの途中に、宝塚でとっても良い感じの炭酸鉱泉を見つけたんだって。
それを、ロンドンに送って調べてもらったら、やっぱりとっても質が良い、飲めるものってわかったの。
だから、早速、宝塚の紅葉谷ってところに瓶詰め工場を作って、「仁王印ウォーター」って名前で販売しはじめたんだって。
そうなんだ?それから?
mama
mama
koma
koma
その後、海外に輸出するのが多くなったから、たくさん作れるように、「ザ クリフォード ウヰルキンソン タンサン ミネラル ウォーター有限会社」って会社を作ったの。
ん?ちょっと待って?
「ウイルキンソン」じゃなくて「ウヰルキンソン」?
mama
mama
koma
koma
うん。間違ってないよ。
最初は会社の名前も「ウヰルキンソン」で、商品名も「ウヰルキンソンタンサン」だったんだけど、1989年に、難しい「ヰ」が「イ」になって、今の「ウィルキンソンタンサン」になったの。
そうだったんだ。
確かに、「ウヰルキンソン」って昔っぽいもんね。
mama
mama
koma
koma
後ね、ほんとは、新しい会社を作った時に、宝塚の紅葉谷から、すぐ近くの「西宮市生瀬(なまぜ)」ってところに工場を移したんだけど、環境が良くって、温泉もあって評判が高かった「宝塚ブランド」をキープするために、工場名を「生瀬」とか「西宮」にしないで、「宝塚工場」にしたんだって。
そうなんだ。
でも、もう生瀬にも工場はないんだよね?
mama
mama
koma
koma
うん。
「ウィルキンソン」の会社ができて100年になる1990年に、宝塚工場は無くなって、今は、アサヒ飲料がウィルキンソンの製品を作って販売してるよ。
工場も壊されて、今はマンションになってる。
それからね、シュワシュワッてする飲みもののこと、みんな「炭酸」って呼んでるでしょ?
うん。シュワシュワ=炭酸って言うけど、それがどうかしたの?
mama
mama
koma
koma
外国では「ソーダ」っていうのに、日本では「炭酸」。
実は、これも、ウィルキンソンさんがえらい人と相談して商品名に「タンサン」って入れたことで、シュワシュワの水=炭酸っていうように広がっていったんだよ。
だから、「炭酸」っていう呼び名自体も「宝塚」から広まっていったってこと!
へ〜〜〜!!!
今は当たり前の言い方が、実は「宝塚」から始まってたなんて、なんかすごいね〜。

 

すごく勉強になりました。こまちゃん、ありがとね。

mama
mama
koma
koma
どういたしましてです。
ごほうびは「ウマウマおやつ」たっぷりでおねがいしますね。
はいはい、了解。
でも、こんなに詳しく知ってるなら、この際、「宝塚ウィルキンソン大使」狙っちゃう?(笑
mama
mama
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機※オファーいつでもおまちしております(笑

ちなみに、ここから歩いて約20分のところに、「ウィルキンソン記念館」もあります。
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機
中に入ったことはありませんが、以前、テレビで紹介されていたのを見た限りでは「記念館」といっても展示物はなく、公民館のような感じで使われているようです。
おじさんが二階で囲碁をされていました(笑

後、余談ですが、その記念館の向かい側には、関西ローカルテレビでは何度となく紹介されている「すれ違いができないめちゃくちゃ細い橋」があります。
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機
本来は、水道管のメンテナンス用の橋なのですが、地域の方にも通行を解放してくれているというもの。
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機もともと、一般の人が渡る設定で作られていないので、橋の幅は60〜70cmくらい。

標準サイズの大人の方が一人通るのがちょうどくらいで、大きめサイズの方だとちょっと厳しいかも。
ウィルキンソン,宝塚発祥,ウィルキンソン記念館,ウィルキンソン自動販売機もちろん、正面でのすれ違いはまず無理で、お互い背中を向けて譲り合う感じでしょうか。

渡ったところで、何があるわけではありませんが、「ウィルキンソン専用自販機」とともに、珍しい光景であることは間違いありませんので、SNS映えスポットとして行ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク