前回からの続きです。
今回の旅行記は、初めて自分が行かないものを記事にすることになるので、「淡路島旅行を許可する条件」として、先日紹介したアプリ以外に、ブログ記事作成に必要な情報の共有というのを入れました。

具体的に何かと言うと、
①現地での写真
②何をした、どんなことがあった、という出来事の報告
③「旅程表」の作成 です。

私自身、以前、家族で香川県の小豆島に年越しキャンプに行った際、結構しっかりとした旅程表を作ったことがあるのですが、それを作る為に、事前に色々と下調べするので、かなりしっかりとした予習ができ、現地でスムーズに行動することができたのです。
今回、息子自身でスケジュールを作ることによって、ぼんやり、ざっくり、なんとなく考えていたであろう予定が、しっかり組み立てられると思うので、そういう意味もあって、やってもらうことにしました。
あと、エクセルの使い方の勉強という意味もあって、、

で、できあがったのが、こちら。
自転車ナビタイム,淡路島一周,サイクリング,あわいち,
ただ、最初からこの状態で出来たわけではなく、パパが少し手直ししたんですけどね。

それでも、作る前はぼんやり、なんとなくだった予定が、これを作ったことによって、所要時間や行動の流れ、それに伴う費用なども把握できたので、本人にとっても良かったようです。

ちなみに、宿泊先をどうしてここにしたのか聞いてみたところ。
①一泊目【島海月】
 →→一緒に行く友達が実際泊まったことがあって、オススメだった。

②二泊目【ウェルネスパーク五色】
 →→別の友達にオススメされた。

ということだそうです😅
でも実は、二泊目の【ウェルネスパーク】は、以前、家族で泊まったことがあるのですが、本人はあまり記憶になかったようです😅


また、途中に立ち寄るポイントは、ぐるっと淡路島を一周するルートで、比較的近くにあって、有名なところ、と言う感じで探したそうです。
 ①道の駅あわじ
 ②あわじ花さじき
 ③たこせんべいの里
 ④鮎屋の滝
 ⑤うずの丘
 ⑥ニジゲンノモリ

さてさて、予定通り、全て行くことはできるのでしょうか?

でも、この予定表を作ってくれたおかげで、実際、行っている間は、こちらも、これを見ながら、次はどこへ行くのか、今頃どこにいる予定なのか確認できたので、とても役立ちました。

ということで、事前準備編は以上、次は、実際に行った旅行記へと続きます。

▼2020 高一息子・春休み自転車旅行淡路島一周二泊三日の旅 目次