このエントリーをはてなブックマークに追加

時々、【Spotify(スポティファイ)】で音楽を聴いています。
Spotifyは、1億人超のユーザーがいる世界最大手の音楽ストリーミング配信サービスで、日本では2016年9月にサービスが開始されました。

ということで、今日のテーマは「Spotify」
サービスの特徴や、有料会員と無料会員の違い等を紹介したいと思います。

➀楽曲は4000万以上!
Spotifyでは、邦楽、洋楽、最新曲から、50’s、昭和歌謡曲等、本当に幅広い年代、ジャンルの音楽が聴けます。
しかもその曲はなんと4000万曲以上!
➁色々なメディアで聴ける。
最初にアカウント登録をしてしまえば、そのアカウントでスマホ、タブレット、パソコン、Playstation、テレビ、車で音楽が聴けます。
スマホをBluetoothで接続して車で聴けるので、いつも聴いているFM局が圏外になった時にも重宝しています♪
➂Spotify Free会員なら無料!
こういうサービスって、最初の何ヶ月かは無料で、その後有料になるケースが多いと思いますが、Spotifyにはずっと無料で利用できる「Free会員」があります。
有料会員と比べ、一部機能に制限はありますが、無料会員でも十分楽しめます。
※無料・有料会員の特徴は後程紹介します。
➃新しい音楽を発見できる。
CMなどでも、音楽配信サービスと言わず、「音楽発見サービス」と紹介されていますが、本当にその通りで、たまたま見つけて聴いた曲が気に入ったり、今は聴く機会が殆ど無い懐かしい曲が見つかったりします。
spotify,スポティファイ,音楽発見サービス,音楽配信
曲名やアーティスト名で検索したり、ジャンル別カテゴリーから入ってみたり。
そのジャンルも、普通の「J-トラック」や「アーティスト」はもちろん、「音楽フェス」「Running」「ゲーム」「トラベル」「ディナー」等、どんな曲が入っているんだろう?と興味をそそられるユニークなものもあります。
私も、年代別ジャンルから、普段は聴かない「昭和歌謡曲」を選んで聞いてみたことがあるのですが、あまりの懐かしさに車中で一人カラオケ状態でした(笑)
➄自分のプレイリストができる。
音楽は1曲単体で配信されているわけではなく、「プレイリスト」という形で何曲かセットになっています。
そして、その「プレイリスト」は、オフィシャル的なものから、個人の方が作られたもの等、色々。
気に入った曲をまとめて、自分のプレイリストを作ることもできます。
spotify,スポティファイ,音楽発見サービス,音楽配信

spotify,スポティファイ,音楽発見サービス,音楽配信
spotify,スポティファイ,音楽発見サービス,音楽配信

曲名の横にある「・・・」ボタンを押すと、、
spotify,スポティファイ,音楽発見サービス,音楽配信
「+お気に入り」「プレイリストに追加」の画面が出てくるので、どちらか登録したい方を選択するだけで、プレイリストやお気に入りフォルダが作れます。

➅歌詞付きの曲がある。
全曲ではありませんが、提供楽曲には歌詞がリンクされている曲が数多くあります。
画面左下の「歌詞」をクリックすると、曲に合わせて歌詞が移動して表示されます。
spotify,スポティファイ,音楽発見サービス,音楽配信
なんて言ってるんだろう?と思う時も、この歌詞リンクがあれば、すぐさま解決!
洋楽なら英語の勉強にもなりますよ。

どうでしょうか?
なかなかすごいサービスでしょ?
しかも、これが無料で使えるなんて、ちょっと信じられないくらい。

そうは言っても、やっぱり無料には無料なりの、一部制限される機能による不便さがあるのは事実。
私の場合は、普段はラジオ派で、Spotifyの利用は時々なので許せる範囲なんですが、メインで使うとなると、やっぱり少し不便に感じるかもしれません。

では、Premium(有料)会員とFree(無料)会員とではどんな違いがあるのでしょう?
ここからは、その違いを紹介していきます。

➀曲の再生方法の違い
上でも述べたように、曲はプレイリストという名のパックの中に入っています。
Free会員の場合、再生方法は順不同のシャッフルプレイのみ。
例えば聴きたい曲が一曲だったとしても、いつその曲が聴けるかわかりません。
一方、Premium会員の場合は、シャッフルプレイを解除することができるので、聴きたい曲をピンポイントで聴くことが可能です。
➁スキップ機能の有無
シャッフルプレイでも、曲を飛ばしていけばいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そこで関係してくるのが、「スキップ(曲飛ばし)」機能の有無です。
Free会員の場合、残念ながらこのスキップ機能は使えません
なので、聴きたい曲があっても、出てくるまで待つしかないんです(^^;
ただ、時々、無料会員でも何曲かスキップできることもあります。(※仕組みは不明)
又、気に入った曲が再生された時に、どんどん自分のプレイリストに追加し、それを再生すればストレスも少なくすみます。
一方、Premium会員だと、スキップ無制限なので、どんどんスキップして、聴きたい曲だけプレイできます。
広告配信の有無
Free会員の場合、時々15秒程度の音声広告が流れます。
広告と言っても、だいたいは音楽に関するような内容で、ラジオ慣れしている私自身は特に耳障りに感じたことはありません。
時々、「この短いビデオを見ると30分間広告なしで聴けます。」という当たり広告もあります。
一方、Premium会員の場合は、そういった広告が一切ありません。
オフライン再生の有無
Free会員の場合、利用できるのはオンライン再生のみ。
スマホで聴く場合、wi-fi環境であれば問題ありませんが、そうでない時は、当然通信費がかかります。
その点、Premium会員の場合は、曲をスマホなどにダウンロードすることが可能なので、実質的にオフラインでも再生できることになります。
会費の有無
これは説明するまでもありませんが、Free会員の場合は無料。
Premium会員の場合は月額利用料がかかります。(2017年6月現在980円/月額)

以上が、Free(無料)会員と、Premium(有料)会員の大きな違いです。
私自身がFree会員なので、もしかしたら他にも違いがあるのかもしれませんが、オフィシャルサイトにもこれくらいしか書かれていませんでした。

FreeからPremiumにアップグレードすることも可能ですので、興味がある方は、一度Freeで体験してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク