このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、我が家の愛機、Nikonの一眼レフカメラ「D800」修理に出しました。

最初は、気のせいかな?って思ってたんです。
撮った写真の多くがピントが合ってない。
ちゃんと合わせたつもりが、ボヤっとしてる。
でも、きっと私の腕が悪いだけかな。
一眼レフカメラ,修理,メンテナンス,D800,Nikon         ※あ、↑これイメージです。

そんなこんなで約半年。
そのまま放置してました。

でも、久しぶりに撮ったパパの写真も同じようにボケてる。
今までそんなこと殆ど無かったんです。
なので、これはさすがにおかしいな、と。

私が知らない間に何かボタンを触って、設定を変えてしまったのかも?という不安もあったので、まずはNikonのコールセンターに電話。
カメラを触りながら設定を一つ一つ確認していきますが、やっぱり、特におかしいところは無いみたい。
お~い、どうしちゃったのよぅ~(ToT)

コールセンターの方から、購入してから一度もメンテナンスに出したことがないなら、とりあえず、「おまかせ定期メンテナンス」に出されては?と勧められました。
こちらは、各部の作動点検や精度確認、細部の清掃等、技術者の方が丁寧に作業してくれるもので、これで一度やってみて、そこで不具合が見つかったら、連絡を受け、修理開始、という段取りで大丈夫とのことだったので、やってもらうことにしました。
気になる料金はというと、一部の一眼レフカメラは一律料金でしたが、D800は対象外。
聞くと、何も不具合が見つからなければ、約6,000円とのこと。

ネットからピックアップサービスを申し込むと、専用の梱包材の入った箱をヤマトさんが持ってきてくれ、それに入れて発送可能。
またヤマトさんが集荷に来てくれます。
その際の送料は無料。なので、もちろん、それで申し込みます。
一眼レフカメラ,修理,メンテナンス,D800,Nikon

発送してから約2週間後。
実際に作業をされている方から連絡があり、レンズ側には特に問題が見つからなかったので、カメラ側の絞りレバーなどがおかしいのかもしれません、と。
分解してみないと詳細はわからないので、ここから先は更にプラス料金がかかる修理になるのですが、このままの状態では使い物にならないので、続行してもらいます。

そして、そこから更に一週間後、修理完了の報告です。

結局、絞りレバーやモードダイヤルの不具合、内蔵ストロボの発光・調光不具合等、あるわあるわ、6項目もの不具合
最終的な修理総額は約26,000円とかなり痛い出費でしたが、これで以前のように、バッチリ写真が撮れるようになりました。

最近では、スマホでもキレイに写真が撮れるようになっては来ましたが、それでも一眼レフと比べるとまだまだ。
特にハードな環境だと、頼れるのはやっぱり一眼レフなんです。
ということで、、、
これからも宜しくね、D800君。
一眼レフカメラ,修理,メンテナンス,D800,Nikon

スポンサードリンク