このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、息子が使っているiPhone6Sのイヤホンの片耳から音が聞こえなくなり、しばらくすると両方聞こえなくなってしまいました。

購入してからもうすぐ1年
そういや保証ってどうなってたかな~。
そういう類のことって、買った時は理解してるけど、月日の経過とともに忘れてしまうものですよね。
私自身、保証期間や内容のことはすっかり忘れてしまっていました。

とりあえず、appleサポートで対処方法を調べてみることに。
商品(iPhone)を選び、「修理と物理的な損傷」を選択。
更に、修理項目(今回はイヤフォンの交換)を選択すると、、
iPhone,アイフォン,修理,イヤホン交換,アップルケア,アップルサポート
持ち込み修理、配送修理チャットアドバイザーと話すの4項目から選べるようになっています。

この時、「アドバイザーと話す」は待ち時間2分以内とのこと。
あまりに早いので、半信半疑でシリアルナンバーと電話番号を入力すると、、
2分どころか、十数秒で折り返しの電話が!!!
これにはビックリ!

結局、無料で交換していただくことができるようで、アップルストアが近くにないので、発送してもらい、交換品を玄関先でドライバーの方に渡す、という対応となりました。
発送日のお知らせメールもあり、とてもスムーズな対応でした。
Phone,アイフォン,修理,イヤホン交換,アップルケア,アップルサポート

実は、少し前にも別件で問い合わせたことがあったのですが、appleサポートの方の対応は、丁寧でわかりやすく、さすが、という感じ。

今回はこんな風に無料で交換してもらえたのですが、これを機会に改めて、保証についてしっかり調べてみました。

iPhoneに限らず、殆どのApple製ハードウェアには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償電話サポートがついています。
ただ、私の場合、既に購入して90日どころか、1年近く経過しています。

なのに、どうして電話対応していただけたかというと、、
iPhone,アイフォン,修理,イヤホン交換,アップルケア,,アップルサポート購入時に、「AppleCare+ for iPhone」に加入してたんですね。

これは、iPhone購入時か、購入から30日以内しか入ることができないサポートで、docomoではiPhoneと同時購入しかできない、と店員さんに薦められたのを思い出しました。
これに入ることによって、保証と電話サポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されていたので、対応してもらえたというわけです。
iPhone,アイフォン,修理,イヤホン交換,アップルケア,アップルサポート
ちなみに、保証書が見当たらず、必死に探していたんですが、iPhoneって保証書は最初から無くて、全ての情報を本体のシリアルナンバーで把握しているんだそうです。
なので、今回のような問い合わせも、シリアルナンバーを入力することで、情報がスタッフの方に伝わる、ということになるようです。

AppleCare+の特徴
600円/月×24か月=14,400円
(※場合により一括支払いも有)
保証と電話サポートが購入日から2年間に延長。
過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、その他の損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることが可能。(2017年9月現在)

我が家の場合、息子はこのイヤホンに続き、ウッカリ落として、液晶画面が割れてしまい、近々修理予定なのですが、いずれも元からついている 保証範囲の1年未満の話 で、私とパパにおいても、今のところ修理のお世話にはなっていないので、このままだともしかしたら 掛け捨て保険状態 になってしまうかもしれません。

ただ、この先1年の間に何が起こるかわかりませんし、私の周りでも、iPhoneの画面割れを経験している人は意外と多く、それが購入後一年以上経過していた話だと、画面修理だけでも、14,800円~16,800円かかります。

そう考えると、これからiPhoneを購入される予定の方は、保険として【AppleCare+ 】の加入を視野に入れるのも良いかと思いますが、頻繁に(2年以内)に機種変更をされる方や、絶対にiPhoneを落とさない自信のある方は、必要ないかもしれません。

自分のapple製品の保証がどうなっているかはこちらのページで機器のシリアル番号と表示されるコードを入力することで確認ができます。
※iPhoneのシリアルナンバーは「設定」→「一般」→「情報」で確認可能です。

スポンサードリンク