このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年秋から国民全員に送られてきた、紙の「通知カード」。
しばらくは何もせずおいていたのですが、私と子ども達はパスポートを取得するタイミングで、パパは医療費控除とふるさと納税の確定申告をe-taxでする際に使っていた「住基カード」が期限切れで使えなくなったタイミングで【マイナンバーカード】に変更しました。
マイナンバーカード
正直、こういったきっかけがなければずっと「通知カード」のままだったかもしれません、、(^^;
そのくらい、マイナンバーカードを持っている必要性を感じなかったのと、何に使うものなのかいまいちよくわからなかった、というのもあります。

ということで、ここからは 【マイナンバーカード】で出来ること、メリット を紹介していこうと思います。
基本的には全国共通なのですが、一部、自治体によっては、内容が異なることもあるようなので、あくまで2018年1月現在私が住んでいる地域での話ということで、参考程度にご覧いただければ、と思います。
マイナンバーカード,メリット

公的な身分証明書として
例えば、パスポートの申請や、金融機関で口座を開設する、アパートを借りる、家を購入する等、「身分証明書」の提示を求められる場合、運転免許証やパスポートであれば、それ1点で済むことが多いのですが、それ以外だと、保険証や学生証等を組み合わせて2点提示しないといけないことがあります。
そんな時に、免許証やパスポート同じ扱いになるのが、この【マイナンバーカード】です。(※全国共通)
各種証明書をコンビニで取得できる
これまでは市役所や出張所窓口でしか取得できなかった「住民票」や「印鑑登録証明書」などの証明書も、【マイナンバーカード】があれば、コンビニのマルチコピー機で取得できます。(※15歳以上)
24時間いつでもOKではないのですが、それでも窓口に比べると利用可能時間がぐっと長くなりますので、お仕事をされている方などにはかなり便利になると思います。
・我が家の地域では6:30-23:00までOKでした。
・取得できる証明書の種類や時間帯は自治体により異なります。
コンビニなら発行手数料が安い!
マイナンバーカードを使ってコンビニで各種証明書を取得すると、自治体によっては窓口よりも発行手数料が安くなります。
・我が家の地域では100円お得です♪
パソコンで確定申告が完結
【住基カード(正式名称:住民基本台帳カード)】があった時から、e-tax(電子申請)を利用して、パソコンで確定申告をすることができましたが、2015年の住基カード新規発行廃止に伴い、持っている住基カードの有効期限が切れると申告できなくなりました。
なので、同じようにe-taxで確定申告をするのなら【マイナンバーカード】が必要になってきます。
通常は【マイナンバーカード】を読み取るためのICカードリーダライタが必要なのですが、NFC対応の一部androidスマホで【マイナンバーカード】読み取りできるようになり、より一層便利になりました。
※2018年1月現在iPhoneは未対応です
⇒e-taxでの確定申告記事はコチラ
各種行政手続きのオンライン申請
2017年秋より「マイナポータル」という政府が運営するオンラインサービスが始まりました。
【マイナンバーカード】と、ICカードリーダライタ、もしくは、NFC対応の一部androidスマホで、アカウントを作成。
例えば、「子育てワンストップサービス」では、児童手当保育園の入所手続き等も、この「マイナポータル」から申請できるようになります。
ただ、このあたりは、自治体によって対応時期が異なりますので、詳細についてはお住まいの自治体にお問い合わせください。
⇒「マイナポータル」詳細はコチラ

【マイナンバーカード】がどんなものなのかはわかったけど、手続きがなんか面倒くさそう、、、

そう思われがちな「カードの申請」ですが、実は郵送以外に、QRコードを読み込んで スマホで簡単 に手続きすることもできるんです。
しかも、わざわざ証明写真を撮りに行く必要もなく、手続きしている最中に、スマホカメラで撮影したものをそのまま使うことができますので、とっても便利♪
証明写真アプリなどを使って、あらかじめ申請者本人の写真をスマホに取り込んでおけば、 代理人が申請の手続きすることも可能 です。

カードが出来たら封書が届きますので、身分証明書等、必要な書類を揃え、本人が受け取りに行き、暗証番号の設定をして完了です。
例えば、要介護で本人が取りに行けない等の理由がない限り、代理人の受け取りはできません

現時点で見ると、それほど使用頻度が高いカードではないのですが、作っておくと何かの時に便利だと思います。

スポンサードリンク