前回の記事からの続き、今回は【ビットバンク】の口座開設編です。
実は、口座開設の手順は、ここでわざわざ説明するほどでもないくらいわかりやすく簡単ではあるのですが、せっかくなので記事にすることにします。

まずは口座開設画面からメールアドレスを入力。
仮想通貨,ビットコイン,リップル,ビットバンク,口座開設
登録したアドレス宛にメールが届きますので、本文にあるURLをクリックし、パスワードの設定をします。
仮想通貨,ビットコイン,リップル,ビットバンク,口座開設
その後、住所や名前、生年月日、取引の目的等の基本情報を入力。
仮想通貨,ビットコイン,リップル,ビットバンク,口座開設
仮想通貨,ビットコイン,リップル,ビットバンク,口座開設

仮想通貨,ビットコイン,リップル,ビットバンク,口座開設最後は、身分証明となる【本人確認書類】のアップロードです。

確認書類は、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等。
仮想通貨,ビットコイン,リップル,ビットバンク,口座開設
今回は、住民基本台帳カードを選択しました。
ただ、私自身、住民基本台帳カードはもう無く、代わりになるマイナンバーカードを作っていたので、それで申請してみました。
写真をパソコン(スマホ)に取り込んで、表裏2枚、アップロード。
仮想通貨,ビットコイン,リップル,ビットバンク,口座開設これで、こちらからの口座開設手続きは完了となります。
この後、ビットバンク側で審査が行われ、審査が通れば、住所確認の為の書類が送付され、口座開設手続きが完了、仮想通貨の取引がスタートできるようです。

2018年5月に申請した時点で、ビットバンクから送られてきたメールには、新規登録ユーザー審査が混みあっており、本人確認書類の審査完了まで約1週間程度かかっていると書かれていましたが、翌々日には「住所確認はがきを郵送致しました。」というメールが届き、最終的には申請から4日後に書留郵便で受け取り、口座開設が完了しました。

スポンサードリンク