オリジナルTシャツというと、チームやサークルなど、まとまったグループでお揃いで作るようなイメージがありますが、自分でデザインしたTシャツを、1枚から購入できて、しかもリーズナブル、なんならそれを販売することもできる。
そんなサイトがあると知って、以前からやってみたいと思いつつ、なかなか手が回らなかったのですが、やっと作ることができました。

今回作ったのは、このシステムを知るきっかけになったTシャツトリニティ、そして、ユニクロがやっているUTme!です。
2つのサイトで作ってみて、それぞれ特徴があることがわかったので、そのあたりを含め2回にわたって紹介していくことにします。

まずは、メジャーブランド「ユニクロ」が手がける「UTme!」から。

  • スマホで簡単にデザインできる
  • 文字や写真を変えるだけのテンプレートもあり

Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
全部自分でデザインする他、スマホで文字やイラストを書いて、スマホをシェイクすると模様ができたり、20種類のテンプレートから写真や文字を変えて作る方法もあります。

  • 作ったものはマーケットで販売もできる
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
クリエイターとして、住所や電話番号、振込先などの情報を登録すると、承認されたデザインはマーケットでも販売可能で、商品説明やタイトルなどを考えたり、編集する必要はありません。
※デザインによっては却下されることもあります。

  • 一から作るデザインは写真やロゴなどで自由に作れる
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
オリジナルのデザインは、写真やロゴ、文字などをいくつも挿入して自由に作ることができます。
※「Tシャツトリニティ」の販売用は何かで完成させたデザイン画像を1枚アップする方法になります。

  • カラーが白/黒/紺のみで、黒/紺は白より値段が高い
  • オーソドックスな形のTシャツしかない
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ白より黒・紺の方が1,000円高くなります。

  • 背面はプリントできない
  • パソコンでは出品できない
パソコンでできるのはデザインを作って保存するまで。
出品はスマホからしかできません。

  • デザインだけの拡大が見れない
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
商品の表示は全体図だけで、デザインだけをアップにしたものはありません。

  • 出品したものが検索されにくい
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
いくら頑張ってデザインして出品しても「見つけて」もらわないと何も始まりません。
商品説明やタグ付けをせずに出品できるのは楽なのですが、イコール=キーワード検索ができないのです。
例えば、私の場合は大好きな「柴犬」に特化して作ってみたのですが、「柴犬」「しばいぬ」というキーワードでは検索できません。
検索方法はユーザー名カテゴリのみ。
なので、出品の際に選んだ大きなカテゴリの「動物」という中から探してもらうか、SNSなどでユーザー名をお知らせして検索してもらう以外、探してもらう方法がありません。
おすすめユーザーにでもなれれば、目に留まる機会も多いですが、そうでない限り、特に最初はかなり難しいかな、と。

両方を比べてみた感想は、②の「Tシャツトリニティ」編で紹介します。

そして、実際注文して届いた商品がこちら。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ商品は「ゆうパケット」で届きます。
発送のタイミングにもよりますが、今回は22日夜の発送、24日着でした。

Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツお母しゃん、これなぁに?
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツこれはね、お姉ちゃんがiPadで描いたイラストのTシャツだよ。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ生地もしっかりしていて、良い感じでした。

ただ、たまたまだろうと思いますが、イラストのところに、少し毛羽立った部分があったのが、少し残念でした。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ

ということで、上記のTシャツ他、「UTme!」でデザインしたTシャツは、ユーザーID「koro_koma」として↓で販売しています。
よかったら覗いてみてくださいね。

Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ

スポンサードリンク