前記事の「UTme!」に続き、今回は「Tシャツトリニティ」を紹介します。

Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ

メリット、デメリットを紹介する前に、「Tシャツトリニティ」でデザインするにあたり、まず最初に注意しないといけない点があるので、先にそちらから説明していきます。

作り始める前に、決めておきたいのが、自分用として作るのか、販売用も兼ねて作るのかということです。
というのも、先に紹介した「UTme!」は、1つのデザインで自分用、販売用と設定ができるのに対し、「Tシャツトリニティ」では、自分用と、自分用兼販売用のデザインは別物で、作るページ作り方違うのです。

Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
↑画像のように、トップページのタブに「アイテムをつくる」「販売する」とあるので、てっきり、「アイテムをつくる」ページでデザインを作成し、その後「販売する」ページで販売設定するのかと思っていた私。
「アイテムをつくる」ページ↓からどんどんデザインを作っていきました。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
ある程度、数が作れたので「販売する」ページにうつり、設定をしようと思ったら、作ったデザインが一つも反映されていません。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ

そこで初めて「アイテムをつくる」はあくまで自分用、自分も買えて販売もできる「販売用デザイン」とは別物で、それぞれが紐ついていないことに気づいたのです。
結局、また一から作り直しです。(;_;)

なので、もし、販売することをメインで作成するのであれば、最初から「販売する」というページから進めていってくださいね。

ということで、前置きが長くなりましたが、ここからは自分が感じたメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

  • ベースになるTシャツの種類が多い
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
男女兼用の一般的なTシャツの他、レディースTシャツや、袖の色が違うラグランTシャツなどもあります。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
  • Tシャツのカラーが多い
選択するTシャツの種類によって色の数は異なりますが、多いものだと、40色以上あるデザインもあります。
しかも、料金は変わりません。
作れるのが白、黒、紺のみで、かつ、白以外だと料金がアップする「UTme!」とはここが一番大きな違いかと思います。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
  • デザインは、前面のみ、背面のみ、両面が選べる
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
デザイン画像のアップロードは、オモテとウラの枠がありますので、前面だけ、背面だけ、両面の3種類が選べます。
ちなみに、両面だと販売料金は少し高くなります。

  • デザイン一つ一つに細かい設定をするので、検索されやすいかも?
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
「UTme!」ではこういった設定をせず出品できるので、それと比べると面倒ではあるのですが、設定することによって、キーワードで検索されやすい、見つけてもらいやすくなるので、販売することを考えるとメリットなのではないかと思います。
※「UTme!」ではキーワード検索自体ありません。

  • お店を持っている気分になれる
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
正直、販売するにあたっての設定は面倒なんです。
でも、ショップの名前を決めて、ロゴや画像を自分のページに差し込んだりすることで、お店という感じになりますし、URLも、「https://www.ttrinity.jp/shop/」の後につづく部分を自分で最初に設定することができるのもうれしいですね。

ちなみに、「Tシャツトリニティ」ショップページは
https://www.ttrinity.jp/shop/shiba-korokoma/
「UTme!」販売ページは
https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=402137&locale=ja
見比べると、やっぱり、「Tシャツトリニティ」の方がスッキリしていますよね。

  • 編集手続きが面倒
メリットの項目でも説明していますが、お店の設定や1つ1つのデザインに対し、デザイン名や商品紹介、タグなどを入力する必要があるので、それがちょっと面倒な点です。
ただ、逆に言うと、そういう設定をしているからこそ、「検索」でひっかかるわけなので、ここはおそろかにせず、検索されやすいキーワードなどをしっかり盛り込んで設定する方がいいと思います。

  • デザイン編集の自由度が無い
「UTme!」では、下記↓のように、画像を複数枚アップロードしたり、文字を入れたりと、作成ページで自由に編集してデザインを作っていくことができるのに対し、
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
「Tシャツトリニティ」の販売用デザインは一枚の画像をアップロードするだけ。
その場で他の画像と合わせたり、文字を入れたりして作っていくことができません。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
要は、既に出来上がったデザイン画像をサイトにアップロードしてTシャツを作る、ということになるのです。
私の場合は、無料のロゴ作成サイトでロゴを作って、【Photo Scape X】という無料の編集ソフトで画像とロゴを組み合わせてたりして元のデザイン画像を作成しましたが、画像の加工や編集にあまり慣れていない方だと、ちょっとややこしいのかな、と思います。

後日、注文して届いた商品がこちら。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ商品はゆうぱっくで届きます。
注文したのが23日夜中、到着は28日でした。

今回はレディースデザイン。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ
プリントも良い感じでしっかり出ています。
Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ

ただ!
着てみると、肌触りは良いのですが、肌着のような質感というのか、少し透け感がある素材で、特に注文したのが白だったのでちょっと気になりました。
ゆったりしたデザインならそれほど問題ないのですが、体にフィットするデザインだったので、そういう意味でも白ではなく、カラーにした方がよかったかな、、
白Tシャツが欲しかった&デザインは自分的には気に入っているので、少し残念でした。

まとめ
Q.「UTme!」「Tシャツトリニティ」どっちがいい?
  • オーソドックスな形の白Tシャツを、画像をペタペタ貼り付ける感覚でデザインするなら「UTme!」
  • 白黒紺以外のTシャツを作りたいなら「Tシャツトリニティ」
  • デザインの特徴などのキーワードで検索してもらいたいなら「Tシャツトリニティ」
  • 複数の画像で作りたいけど、別で編集してアップロードするのが苦手なら「UTme!」

こんな感じでしょうか。
ただ、こちらは、あくまで一から自分でデザインする場合で、テンプレートから作ったりする場合は、異なってくるかもしれませんので、その点、ご承知おきくださいね。

Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ※小6娘がiPadで描いたイラストのデザイン

Tシャツトリニティ,ユニクロ,UTme,オリジナルTシャツ※商用フリーサイトのイラスト+ロゴを作成してあわせたデザイン

スポンサードリンク