このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の歴史は好きですか?

私は、、
好きか嫌いか聞かれると、「どっちでもない
そして、得意か苦手か聞かれると、がつくほど「苦手」です。

中学時代の歴史のテストでは、人物や何かが起こった年をただひたすら暗記。
とりあえず、定期テストではそれなりに点数は取れていたかもしれません。
今でも、「鳴くよ(794)ウグイス平安京」とか、「白紙(894)に戻す遣唐使」とか、そういうのは覚えているんです。

でも!
ストーリー性は全くなく、時系列で頭に入っていないので、どの時代に誰が何をして、とか、誰と誰が同じ時代の人だとか、そういったことが、大人として恥ずかしいくらい頭に入っていないんです。

対照的に主人はというと、日本史は大の得意で、苦手な私に言わせれば、「その時代に生きてたの?」と思うくらい、当たり前のように色々なことを知っています。
しかも、驚くことに「中学時代、歴史の勉強をしたことがない。」なんて、にわかに信じがたいことを言うんです。

じゃ、どうやって覚えたの?
今回はその答えが本題です。

実は、主人は、小学生の頃、両親が買ってくれた「日本の歴史」の漫画を読んでいました。しかも、普通に面白くて好きだったので、何度も何度も繰り返し。更には、巻末に書かれている解説も全て読破。さらには、図書館や学校の図書室で違うシリーズの歴史漫画や人物の本を読んだりもしていたそう。
その結果、知らず知らずのうちに、自然と、しかもちゃんとした時系列で日本史が身についたんだとか。

小学生の頃に読破していたので、本格的に歴史の授業が始まる中学生の頃には、授業の内容も手に取るようにイメージでき、がむしゃらに勉強せずとも、テストでもしっかり点が取れた、というなんともうらやましいことに!

我が家には二人の子どもがいます。
特に歴史が苦手な私にとって、これは使わない手はありません!
だって、漫画を読んで日本史の基礎が楽しく頭に入るとしたら、そんなうれしいことはないですよね。冊数から見ても、広く、浅く、ざっくりとした内容なのかもしれません。
でもイメージって大事ですよね。
教科書で出てくるような人物像や文字だけを見てもイメージしにくいものも、動きのある漫画で描かれていたら、何かとイメージしやすいんじゃないかと。
例えば、人物名を聞いて、漫画に描かれているその人物の顔が思い浮かんだら、その人が何をしたか、その時どんなことがあったか、なんとなくでも思い出せると思うんです。

そんな考えもあって、我が家でも漫画版の日本の歴史を買いそろえることにしました。

1 2
スポンサードリンク