このエントリーをはてなブックマークに追加

「バスケットはお好きですか?」

今回、子どもに読ませたい漫画としてオススメするのはSLAM DANK (スラムダンク)です。
バスケ漫画と聞いて、きっと誰もが一番に思い浮かぶ作品ではないでしょうか。
バスケ、スラムダンク,SLAMDANK,バスケ漫画,桜木,流川,スラダン

スラムダンクは、1990年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』に連載された、井上雄彦による高校バスケの漫画です。

スポーツとは無縁の不良少年、主人公の桜木花道
「バスケットはお好きですか?」
声をかけられたバスケ部主将の妹、赤木晴子一目ぼれ
ここから花道のバスケット人生が始まります。
喧嘩っ早く、要注意人物として恐れられていたバスケ未経験者の花道が、色々な人とぶつかりながらも、仲間とともに全国制覇を目指し、真のバスケットマンとして成長していく物語、それがスラムダンクです。
スラムダンク,SLAMDANK,バスケ漫画,桜木,流川,スラダン

息子が初めてスラムダンクを読んだのは、小学4年生の時。
バスケのルールも知らないくらいでしたが、それはもう夢中になって読んでいました。
そして、「お母さん・・・!!バスケがしたいです・・・」
と言ったわけではありませんが、普通に「バスケしたいな~」となり、5年生からミニバスのチームに入りました。

20年以上経った今でも、こんな風に一人の少年をバスケに導いたくらいですから、マイケルジョーダンの活躍でNBAも大盛り上がりだった連載当時の影響力は、きっとすごいものだったと想像ができます。

ということで、ここからは、偉大なるバスケ漫画、スラムダンクの魅力やオススメポイントを紹介したいと思います。

キャラクターが個性的で魅力的
誰もが主役を張れるくらい、というのは言い過ぎかもしれませんが、出てくるキャラクターがほんとに個性的で、正統派はごく少数。
とっかかりは、強烈なキャラの主人公「桜木花道」から始まりますので、つかみはOK!最初から読みやすくグングン引き込まれます。
そして、読み進めていくうちに、それぞれの登場人物に魅力を感じるようになり、感情移入がしやすいんです。
とにかく面白いっ!
諦めない気持ち・必要な努力・ライバルや仲間との熱い関係
要所要所に、諦めない気持ちを持つことの大切さや、自ら進んで努力することの大切さが出てきます。
そして、ライバルの存在があることによって、更に自分を高めることができるんだ、ということもわかります。
又、一緒に戦っていく仲間との熱い友情も出てきます。
このあたりは一番子どもに感じて欲しいところですね。
数々の名言
スラムダンクには数々の名言があります。
「諦めたらそこで試合終了ですよ」
これはテレビでもよく耳にする有名な言葉ですね。

知らない人にとっては、ネタばれになってしまうので、詳細は控えますが、試合中に大差をつけられた際、監督が選手に言った言葉です。
「あきらめる?あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?」
ちなみに、この言葉は、ある選手の回顧シーンでも出てきます。
中学校の県大会決勝で勝利を諦めかけた時、来賓席にいた安西先生にかけられた言葉、「最後まで・・希望を捨てちゃいかん。諦めたらそこで試合終了だよ。」
その言葉に救われた選手は、その後見事に逆転シュートを決め、県大会優勝を果たすわけです。

他にも、これまで無敗だったチームが初めて負けた時、悔しがる選手に、チームの監督が言った負けたことがある というのがいつか大きな財産になる」というのも、良い言葉だな、と思います。

絵がキレイ
20年経った今見ても、あまり古臭さを感じないキレイな絵です。
しかも、少年漫画なんですが、女性が見ても抵抗を感じないくらい魅力的な絵だと思います。
あり得ない必殺技がない
漫画でしかできないような、ミラクルな技は出てこず、とにかくリアルにバスケが描かれているのも魅力の一つだと思います。
バスケをしたことが無くても、バスケをやってみたい、自分でもできそう、と思わせる漫画です。
迫力ある試合シーンとほのぼのシーンのonとoff
試合のシーンは、息をのむようなスピーディーな展開が繰り広げられるのですが、それ以外のシーンでは、ちょこちょこと笑える場面があり、緩急があるというのか、onとoffというのか、そういう切替が面白いと思います。

他にも、もっともっと魅力がある作品なのですが、うまく伝えられず、すみません。
でも、最後にまとめとしていうならば、、

とにかく、面白い!!

その一言に尽きる。
ほんとに、そう思います。

もし、まだ読んだことが無かったら、是非是非読んでみてくださいね。

あぁ~~
この記事書いてたら久しぶりに読みたくなった!!
読む時間をくださ~~~い!

スラムダンク全巻セットはこちら

バスケ、スラムダンク,SLAMDANK,バスケ漫画,桜木,流川,スラダン
スポンサードリンク