このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年から2017年まで「モーニング」に連載されていた【インベスターZ】は、タイトルの インベスタ-/Investor=投資家 、という言葉通り、投資やお金がテーマの作品です。
作者は、以前紹介した「ドラゴン桜」の三田紀房氏。

投資やお金の話なんて、大人ならともかく、子どもにはちょっと難しいんじゃない?と思われるかもしれません。
確かに、自分が子どもだった頃を思い返しても、そんなこと考えたこともなかったですし、「投資」なんて言葉も聞いたことがありませんでした。

時代は変わり、今や若いうちから色々な事で成功し、富を得ている方も増えました。
今や、ネットで簡単に株の売買ができるようになり、その気になれば、手軽に株や投資ができる環境に変わっています。
そういう意味でも、早いうちから、お金の流れや投資のことを知っているに越したことはないと思うのです。
でも、当然、学校でも教えてくれませんし、かといって、子どもに一から「投資」や「お金」について、わかり易くやすく説明できるか?と言われると、答えはNo!です。

そんな時に役に立つのが、この【インベスターZ】
漫画で読みやすく、お金の流れがつかめるのと、物語の主人公が、中高一貫の有名私立校に通う中学1年の男子生徒なので、子どもでも興味を持てるんです。連載スタート時

舞台は、明治中期に北海道の炭鉱開発などで莫大な富を得た札幌の豪商「藤田金七」によって創立された、中高一貫の私立男子校【道塾学園】
毎年東大100名、京大・北大・東北大の医学部にも多数進学、卓越した合格実績を誇る日本一の超進学校で、充実した寮も完備。
しかも、開学当初から入学金、授業料、寮費等、学校に関わる費用が全て無料。
それは、創設者である金七の遺言により財団が設立され、そこから必要な資金が捻出されているからと説明されている。
しかし、それはあくまで表向きな話。
実際は、学園の地下室で秘密裏に活動する各学年のトップの生徒達6名で構成された「投資部」が、学園が保有している数千億円の資産を運用し、その利回りで全ての経費を賄っているのだ。
物語は、5年ぶりに全教科満点という驚異的な成績で中学校に入学した「財前孝史」が、この「投資部」に半ば強制的に入部するところから始まる。
入部当初は、当然のことながら、投資に全く興味の無かった財前少年だが、次第に投資の魅力にハマっていき・・・

ということで、ここからは、私自身が感じた「インベスターZ」の魅力を、簡単に紹介していこうと思います。

誰が読んでもわかりやすい
主人公は株や投資をやったことがない、中学1年生なので、専門用語ばかりの難しい本ではなく、誰が読んでもわかりやすい内容になっています。
投資以前に、そもそも「お金」とは?というところまで掘り下げて解説してくれたりするので、大人でも読んでためになる内容です。
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株
スケールが大きい
「道塾投資部」の運用資産は3000億円
年利8%を目標に毎年240億円の利益を上げています。
物語の冒頭、中学1年生の財前少年が、入部初日にとりあえず手始めに、と運用を言い渡された金額は100億円
正直、ちょっとあり得ない額なのですが、そのスケールの大きさがまた面白い!
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株
実在の企業や人物が登場
「ベンチャー起業編」では、実業家、投資家であり、何かと話題のホリエモンこと「堀江貴文」氏や、ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの創業者「前澤友作」氏等、実在する実業家の方達が出演。
現実の話を随時取り入れながら、ベンチャーとは何か?ビジネスで最も大事なことは?等、凝縮して紹介してくれます。
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株
個人的には、前澤友作氏の、究極の「無駄を省く」という考えが興味深かったです。
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株,zozotown,前澤
時にはマンガ的な展開でわくわく
株や投資の話だけではなく、時には明治時代に「タイムスリップ」して、学園創始者「藤田金七」、そして、自身の曾祖父であり、投資部の初代主将「財前龍五郎」に遭遇する、という展開もあり、ちょっとわくわくする場面もあります。
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株,三番勝負,タイムスリップ
道塾投資部の存続をかけた三本勝負にドキドキ
一番の見どころは、中盤から繰り広げられる、創設者藤田金七の玄孫「藤田慎司」との投資三番勝負。
負けず嫌いで生意気な中学生「財前」と、どこか人間味に欠けるクールな大学生「慎司」、二人の若き天才投資家の「道塾投資部」存続をかけた、泥臭く、アツい戦いに目が離せません。
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株,三番勝負,タイムスリップ
女子高生が株に挑戦
主人公の財前少年が動かすのは、非現実的な億単位のお金ですが、創設者藤田金七の玄孫で慎司の妹、美幸を含む高校生3人グループで作った女子投資部のメンバーが動かすのは、10万円という比較的現実的な金額。
なので、こちらはよりリアルに見られます。
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株,三番勝負,タイムスリップ

以上、簡単ですが、「インベスターZ」のオススメポイントを紹介してみました。
内容の他に、読みやすいポイントとしては、本自体が大判で、コマ割りも大きく、セリフも少ないので、一冊を読み終わるのも早いです。

参考までに、「ONE PEACE」と比べてみるとその差は歴然ですね。
インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株

株や投資というと、難しそうなイメージがありますが、少なくともこの本は、なんとなくしか知らなかった株、投資のことがよくわかる、とても読みやすい漫画、株に興味が無い人が読んでも面白いと思います。

インベスターZ,モーニング,三田紀房,投資,株

スポンサードリンク