このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みの初家族海外旅行に向け、パスポートスーツケース等、持ち物の準備を着々と進めつつ、並行してもう一つ大きな仕事を進めます。
それは、フライトホテル予約

今回は、行き先が日本語も通じる(と思われる)グアムだったこともあり、ツアー会社は使わず、自分で予約することにしたのです。

え!?
海外旅行に慣れてないのにチャレンジャー!!

なんて、思われるかもしれませんが、予約が必要なのはホテルと飛行機だけ。
何かあった時に日本語も英語も通じないような国であれば話は別ですが、グアムならきっとなんとかなるだろう、と。
それに、やっぱり、自分で予約した方が安いんです。

ということで、まずは【フライト予約】から。
今回はANAで貯めたマイルを使うので、ANA便必須。
ちょうど良い時間帯のフライトは、ユナイテッド航空しかなかったのですが、ANAとのコードシェア便だったので、ANAの窓口でフライト予約が可能。
少し緊張はしましたが、ネットで無事、予約が取れました。
総額の大半は、貯まったANAマイルをスカイコインというANA専用の電子クーポンに変えて支払い。ほんと、マイル様様です!
ちなみに、ユナイテッド航空はANAと同じ、スターアライアンスグループなので、今回のフライトに対しても、ちゃんとANAのマイルが貯まります。

ただ、今回少しややこしかったのが座席指定
座席に余裕があれば、事前座先指定ができたのですが、さすがに夏休みは空きが少なく、予約画面では座先指定ができず

ANAに聞いてみても、ユナイテッド航空(東京)に聞いてみても、やはり現時点で席指定ができないので、当日、空港カウンターで聞いてみてください、と言われたのです。

え~~~、そんな~~!!

当日窓口でもやっぱり並びの席が無いなんて言われたら、バラバラの席になるわけです。
しかも、グアムからの帰りの便においては、英語で交渉しないといけません。

それは無理っ!!

ということで、、、
結局どうしたか結論から先に言うと、ユナイテッド航空のサイトから、まだ余裕がある席にアップグレードして、座席指定をかけました。
アップグレードと言っても、ビジネスとかではなく、エコノミーよりちょっとだけ座席の空間が広いエコノミープラスという席です。
ユナイテッド航空,コードシェア便,座席指定,グアム
エコノミーにキャンセルが出てくれれば、と、毎日ネットで確認していたのですが、状況は変わらず、腹をくくって、アップグレードに踏み切りました。
ナイテッド航空,コードシェア便,座席指定,グアム
ただ、毎日チェックしていたので気づいたのですが、なぜか、価格が日により変動していたんですよね。
なので、アップグレードのタイミングは、一番安かった時にしました。

正直、行き帰り、4人分のアップグレードは痛い出費ではありましたが、ここだけは妥協できません。
出発当日まで並び席かどうかわからずドキドキする、離れた席で数時間我慢することを思えば、この出費は仕方ないかな、と。
とりあえず、これで無事、並びの席が取れたわけなので、安心して出発まで過ごすことができます。

続いては、【ホテル予約】です。
グアムには、大型プールやアクティビティが充実した豪華なホテルがたくさんあるのですが、やっぱりそういうホテルは人気なので、なかなか空きがありません。
それ以外にもホテルはたくさんあり、どこにするかかなり迷ったのですが、料金や、ロケーション、設備、そして泊まった人の口コミ等を総合した結果、今回は
ハイアット・リージェンシー・グアム」で予約することに。
泊まるホテルが決まったら、後はいかに安く予約を取るかが勝負です。

ホテルの予約は、テレビCMでもおなじみのホテル料金比較サイト【トリバゴ】を参考に、結果的に一番料金が安かった、【Hotels.com】で予約。
※以下は仮の日程で表示させた参考イメージです。ホテル料金比較,グアム,トリバゴ,hotels,ハイアット
予約方法は至ってシンプルで、すべてネットで完結します。
支払いはクレジットカード事前決済の他、現地決済も可能で、3日前まではキャンセル料がかかりません。
海外だし、なんとなくもっと早くからキャンセル料がかかると思っていたので、ちょっと驚きでした。

そして!
同じ日程でも価格は日々変動するんです。
実は我が家も、最初に予約した後、価格がtotalで1万円くらい下がっていたので、一旦キャンセルし、再度予約をし直しました。
なので、予約後もキャンセル料が発生する直前までは、時々、価格をチェックしておくといいかと思います。
後、現地で何かあったら怖いので、予約受付の用紙はプリントアウトするか、スマホに取り込むなどして現地に持っていくようにした方が安心です。

ホテル予約に便利なサイト

これで無事、自分でフライト&ホテルの予約ができました。
後は、荷造りをして出発を待つのみ。
次はいよいよ「旅行編」です。

スポンサードリンク