我が家の娘は、大のかき氷好き。
暑い時期、学校から帰ると、製氷機から氷を取り出し、ひたすらガリガリガリ!!
ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷

もちろん、手動のタイプ、しかも結構な年季もので、上の部分は割れて、テープで貼っているくらい(笑
ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷でも、まだ使えるし、そもそも、使っているのは娘一人なので、ついついそのままに(^^;

ただ、そんな娘も中学に入り、部活に塾に忙しい毎日。
かき氷は食べたいけど時間もないし、そもそも作るのがもう面倒臭い、と。

ま、確かにそうですよね。
色々頑張ってるし、そろそろ「電動のかき氷機」買ってあげようかな。
でも、せっかく買うなら、お店で食べるような「雪みたいなふわふわかき氷」とか、欲を言うなら「マンゴーかき氷」みたいな味付きのが作れたらいいのになぁ。
それなら、娘だけでなく、私もパパも息子も食べるかも。٩(*´︶`*)۶

ということで、ちょうど「楽天スーパーセール」期間中で、買い回りポイントがアップになるし、と、購入したのがこれ!
ドウシシャ製の電動ふわふわとろ雪かき氷器
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,※一般的には「かき氷」ですが、こちらの商品名は「かき氷」です。

台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,
レシピ本も付いています。台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,本当にこんなのができるのなら色々試してみたくなりますね♪

本体は、とっても軽いので持ち運びが楽!
さらに、簡単に分解ができるので、お手入れも楽なんです。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,

氷の粗さ調節もダイヤルをクルクル回すだけ。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,※使い始めは一番細かいのところにセットしておきます。

届いてすぐにでも作ってみたい衝動に駆られるのですが、冷凍庫のバラ氷ではできないので、専用カップで氷ができるまで持ち越し。
氷は娘のかき氷用に水で、そしてママ用にあらかじめ買っておいた缶詰の黄桃・白桃・ヨーグルトを混ぜたもので作りました。

ちなみに、カップは一個の分と、半分づつの分✖️2セットが付属されており、別売で増やすことも可能です。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,別の味を半分づつ作ってミックスすることもできますが、片方だけで作ることはできません。

翌日、早速作ってみることに
娘は帰りが遅いので、まずは、味付きバージョンから。

冷凍庫から氷を取り出してみると、、
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,うんうん、いい感じ♪

氷をカップから取り出し、専用ケースに入れたら、片方の手で蓋についているつまみをOPENにしたまま、ぐっと押し込むように本体にセットします。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,ただ上から蓋を閉じるだけでなく、コツと力がいるので、高い場所に置いてしまうと、やりにくいかと思います。

セットできたら、上のボタンを押すだけ。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,氷はボタンを押している間、出続けます。

氷の粗さを一番細かい方にセットしていたこともあり、最初は何も出ず、あれ?という感じだったのですが、しばらく押し続けると、濃い液状のものが出てきました。
そこで少しずつ、「粗い」方にダイヤルを回していくと、、、
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,おぉぉおおお!!!出てきた出てきた!

しかも、めっちゃくちゃ薄い!!
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,
作っている最中からテンションが上がり、ワクワクが止まりません
食べるのは私一人なのですが、残してももったいないし、とりあえず出なくなるまで削り続けると、、
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,こんなにたっぷり、ふわふわかき氷ができました!
普通の二人分としては少なめなので、ちょっと多めの一人分、もしくは、ちょい食べ二人分ってところでしょうか。
ちょうどの量を一人で食べるように作るなら、カップの半分よりちょっと多めくらいがちょうどいいと思います。

一通り写真を撮り終え、いざ、実食!

で?
実際食べてみた感想は???




きゃ〜〜〜〜〜〜!!!!
何これ!!何これ!
こんなのが家で作れるの???

口に入れた瞬間、ふわ〜っと溶けてなくなる!
しゃりしゃりした感じが全くない!!
(※一番細かい削りに調整した場合)

これはまさに、アイスモンスターで食べた、あのふわふわ食感!!
ほんとにこんなのが家で食べられるなんて!!

そりゃ文字も大きく強調したくなるってもんです(笑

ちなみに、その後作った少し粗めのバージョンがこちら。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,見た目がとってもかわいいですね。
こちらはふわっととろけるという食感ではなく、しっかり食べてるような感じですが、それはそれで良かったです。

その後、娘が帰宅したので、いつものかき氷を作ってみます。
先ほど、味付き氷で作った際にちょうどの粗さになったので、そのままスタートしてみましたが、やはり普通の氷とは違うもので、かなり調整が必要でした。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,

ふわふわ氷が作れたら、最後にシロップをかけて出来上がり♪
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,見た目がちょっといまいちになってしまいましたが、かき氷独特のシャリシャリとした食感とは全然違って、こちらもやっぱりふわっととろける感じ。
なので、頭がキ〜〜ン!!ありません

娘も「おいしい!!」と大絶賛!
私も少し食べましたが、確かにふわっとして、今まで作っていたかき氷とは全く別物でした!

味付きバージョンはまだまだ味に改良が必要ですが、普通にかき氷シロップを変えるだけでなく、コーヒーや紅茶、抹茶、フルーツ、ジャムなどアレンジして、いろんな味付きふわふわかき氷が簡単に食べられるので、娘だけでなく、ママも大満足!
これは買って大正解!!
これからの季節、活躍間違いなし!!の商品でした♪

※追記
その後の使用状況ですが、家族全員が食べています!
かき氷好きの娘はもちろん、普通のかき氷はあまり食べない息子は、フルーツバージョンをほぼ毎日2回。
ママやパパもそっち系。
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,
ほんとに、フル稼働の日々です。

製氷カップに限りがあるので、いろんな味の氷を作っておいて、できた分からラップに包んで、冷凍庫にkeep!
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,
これだと、今日はどれ食べる?もできて、とっても楽しいです♪

そして、最後に裏技を一つ!
せっかく作った味付き氷も最後まで削りきることができず、5mm〜1cmくらいは必ず残ってしまいます。
残った分はそのまま食べてしまうのももちろんありですが、そういう時に、一度蓋をあけて、普通の氷を上から重ね、蓋を閉めて削ると、最後まで味付き氷が楽しめますよ♪
台湾風かき氷,ふわふわかき氷,雪氷,わた氷,電動かき氷,