時々行くこまとのお散歩コース、兼、お気に入りの魚屋さん【うおまさ】の近く、小林に卸直売・活貝センターというなんとも魅力的な名前のお店があるのですが、生簀があったり、「広島産牡蠣98円」なんていう看板があったりするので、以前から気にはなっていたんです。
でも、こまが一緒なので店内に入ることはできず、いつも遠目で見るだけ。
何かを買ったことはありませんでした。

ある時、もう少し近い逆瀬川にも、同じお店があることを発見。
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣ただ、そこでも気にはなりつつ、お店に入ったりすることはなく、、

月日は流れ、寒〜い冬になり、テレビでは【カニ特集】や、カニを食べているシーンをよく見かけるようになりました。
その影響もあって「久しぶりにカニ食べたいな〜」という話から、パパも一緒の週末散歩で、↑のお店をちょっと覗いてみることにしました。

とりあえず、外からそそ〜〜っと様子伺い。
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣早速、今日の目玉商品に【香住のカニ】を見つけました。
「バラ」に「爪」に「棒」に「ミソ」、、、
普段食べ慣れないものなので、g(グラム)表示されていても、それがどのくらいの量なのか、いまいちピンときません。

そうこうしている間に、こちらに気づいたお店の方が、外に出てこられました。
「買う」としっかり決めて行ったわけではないのですが、とりあえずどんなものか見せてもらおうか、と、ママだけ店内に入らせていただきました。
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣お店の中には、イートインの席もあり、生簀から選んで、そのまま卓上コンロで焼いて食べることができるそうです。
新鮮そのもののBBQですよね。

先ほど外で見ていたカニの一部がこんな感じ。
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣漁港で獲れたカニを、それぞれの部位ごとに加工して、ぎゅぎゅっと瞬間冷凍されており、冷蔵庫で解凍、もしくは、流水解凍で食べられるようになるそうです。

棒状のものにするか迷ったのですが、そのままささっと刺身感覚で食べられる「バラ」を買ってみることに。
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣
以前、淡路島で食べ損ねた【生しらす】の冷凍ものがあったので、それも追加で購入。
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣あわせて、約3,000円です。

その日の夜、解凍したものを早速いただきます。
まずはカニのバラ。
少し大きめの鉢にこれくらい入れて、4人分。
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣こんな感じだと、豪華なちらし寿司もいいですね。

今回は、そのままカニ身だけで食べたわけなのですが、ここで一つ難題だったのが「カニ酢」です。
お店では専用の「カニ酢」の販売はなく、二倍酢、三杯酢など、好みによって食べてください、とのことだったので、自分なりに作ってみたのですが、これが、いまいちで、、、(涙)
せっかく美味しいカニだったのに、ママのカニ酢では、美味しさを最大限に引き出せず、少し残念な結果に、、(涙

そして、もう一つ。
我が家では誰もが人生初の【生しらす】
とりあえず、一パックを解凍し、3人で食べたのですが、、
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣
う〜〜ん、、、
これはもういいかな〜って感じ。
好みは人それぞれですが、我が家にはちょっとあってなかったようです。

今回は、カニと生しらすだけでしたが、お店の名前にあるように、なんといっても、メインは「貝類」
活貝センター,小林,逆瀬川,コクリキ商事,カニ,牡蠣生簀にはホタテや牡蠣、はまぐり、サザエ、ほっき貝など、貝類が豊富にありますので、次はそちらを試してみようかと思います。

と、一旦まとめたのですが、、、
家からそう遠くないということもあり、記事を完成させる前に、こまのお散歩がてら、後日また行ってみました。
今回は【牡蠣】を2種類、お手頃価格98円のを2つと、大きな320円のを1つ購入。
あくまで、買った時は、になりますが、98円のは兵庫産、320円のは岩手産でした。
大きさの違いは一目瞭然ですね。

殻の大きさでいうと、大きな方は20cmありました。
肝心の中身はどうなんでしょう?

殻付き牡蠣の火の通し方としては、フライパンにお酒を入れて蒸し焼き、レンジでチン、オーブントースターやグリルで焼くなど色々ありますが、今回はグリルで焼くことにしました。
先に大きな方の牡蠣を焼き始めたのですが、高さもかなり高かったので、グリル内側天井の熱棒に当たりそうなくらいでした。

焼き上がり、2種類の差はこんな感じ。
あれ?殻の大きさほどの差がありませんでしたね(^^;
でもま、このあたりは自然のものなので、実際に開いてみないとわかりませんよね。

こちらは98円だった方の牡蠣。
ちょうど今が旬ということもあり、身も大きく、こちらで十分!
レモンとポン酢をかけていただきましたが、とっっっても美味しかったです!
三重や広島、赤穂まで行かなくても、こんな近場でこの品質、それをこの値段で食べられるなんて最高ですね。

これはリピ決定です!
またこまと遠征お散歩して買ってこよ〜っと。

ちなみに、店舗は宝塚の「小林」と「逆瀬川」、西宮の「門戸厄神」の3ヶ所にあり、以前紹介した宝塚南口にある丼屋さん【魚どん然】も同じ系列(姉妹店?)なんだそうですよ。

▼宝塚周辺のテイクアウト