このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は【山形県天童市】の「ふるさと納税」の返礼品、「バタフライスツール」(※天童市:天童木工製) の紹介です。

ふるさと納税,返礼品,天童木工,スツール,バタフライスツール,山形県,天童市,将棋駒

我が家のリビングには3人掛けのソファがあるのですが、4人家族なので、揃って座ることはできません。
夕飯後にテレビがついている時は、だいたい私がシンクの壁にもたれて見るか、床に体育座りをして見ています。
例えソファが空いていても、片付けが終わっていない状態で、一旦ソファに座ってしまうと、立つのが億劫になるので、そういう時に「ちょっと腰掛けられる椅子」があればいいな、と常々思っていたのですが、ちょうど良いスツールをふるさと納税の返礼品で発見!

それがこれ。
「天童木工」の【バタフライスツール】です。
ふるさと納税,返礼品,天童木工,スツール,バタフライスツール,山形県,天童市,将棋駒デザイナーの柳宗理氏と天童木工の職人技術が生んだ傑作で、 ルーブル美術館  ニューヨーク近代美術館 等、海外の美術館にも収蔵されている世界的に有名なスツールなんだそうです。

ふるさと納税,返礼品,天童木工,スツール,バタフライスツール,山形県,天童市,将棋駒上から見るとこんな感じ。

そのまま座るとちょっとお尻が痛そうですが、専用のクッションもあります。
クッションはレッドどグリーンがあったのですが、キッチンのシンクの壁が濃い赤色なので、迷わずレッドにしました。
ふるさと納税,返礼品,天童木工,スツール,バタフライスツール,山形県,天童市,将棋駒デザイン、大きさ共に、私が求めている理想的なスツールで、通路側においてもそこまで邪魔にならず、良い感じに「ちょっと休憩」ができ、大満足!

又、天童市は、将棋駒の生産量が日本一、全国の約9割のシェアを占めるそうで、「将棋駒ストラップ」のおまけ付き。
ふるさと納税,返礼品,天童木工,スツール,バタフライスツール,山形県,天童市,将棋駒文字を入れてオリジナルのものも作れたのですが、ピンと来る文字が思い浮かばず、不老長寿、商売繁盛、幸せのシンボルと言われる「ふくろう」の絵柄のものにしました。

参考:寄付金・還元率
寄付金額:100,000円(※)
価格:スツール+クッション税込 57,240円 (※2017年9月現在)
還元率:約57%
(※)当時は寄付金額100,000円の返礼品だったのですが、2017年9月に再確認したところ、寄付金額が190,000円(還元率:約30%)になっていました。
ちなみに、静岡県藤枝市では100,000円(クッション無)の寄付金で同じものを扱っています。
いずれも取り扱いは【ふるさとチョイス
尚、天童市のバタフライスツールは 平成30年2月28日 をもって廃止となるようです。

スポンサードリンク