今回の「ふるさと納税」返礼品は、【大阪府大東市】「象印炊飯ジャー」 です。
大東市には象印ファクトリージャパンの本社や、象印マホービンの大阪工場もあるので、返礼品に象印製品も多いのです。
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器こま;お母しゃんなんかとどいてますよ?

我が家が使っている炊飯ジャーは2009年発売のHITACHI製。
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器一年以上前に、液晶画面の電池が切れて、予約炊飯ができない状態。
電池が切れただけなら新しい電池に変えれば?と思うのですが、実は電池交換はこちらではできず、メーカーに炊飯器本体を送らないといけないのです。
しかも修理費用も10,000円前後する上、本体がない間、ご飯はどうするの?状態だったので、不便ながらも、そのまま使っていたわけです。

だって、使用10年以上の製品に1万円の修理費用はちょっと出せませんよね、、
それなら我慢してそのまま使い続けるか、思い切って新しいのを買うか、の二択になるんじゃないかと、、

まぁ、ご飯が炊けないわけではないですし、そういう意味ではまだ使えたのですが、外出した時など、予定より遅くなったりすると、帰ってから慌ててご飯を炊いたり、とかも結構あったので、今年のふるさと納税はこちらに決めたわけです。

ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器

なんでもそうですが、新しいものを購入した時って、開封する時が一番ワクワクしますよね❤️
ということで、取り出してみました!

ジャジャ〜〜ン!!!
【圧力IH炊飯ジャー極め炊き】
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器

新旧二台並べるとこんな感じ。
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器

以前の炊飯ジャーには、白米や玄米、発芽玄米などのお米の種類選択に加え、普通、快速、極上、炊き込み、おかゆ、の炊き方メニューがあったのですが、、
炊き上がりスピードではなく、普通の白ごはんの炊き方で考えると、「普通」か「極上」の二種類だったわけです。

それに対して今回のは、というと、、
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器なんと、白米だけでも、これだけ炊き上がりの違いが選べるのです。

この中から、自分の家の好みを見つけるのはなかなか難しいかもしれませんが、いろいろ試してみる楽しさがあるのも確かです!

又、前回食べたごはんの味や、硬さ等の感想をアンケートに回答するだけで、炊き方を微調整して、回数を重ねるごとにどんどん自分好みの味に進化する「我が家炊き」というのもあります。
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器いやいや、今の炊飯器はすごいですね😅

ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器
今回、何度か炊いてみて、ものすご〜く実感したことが一つ!
それは、、
「ご飯が甘い💕」でした。

ありがたいことに、我が家はママの実家がお米を作ってくれているので、自家製のお米で炊いたご飯を毎日いただいています。
買ったお米に比べると、とても美味しいとは思っているのですが、それが、この炊飯器でもっと甘くて美味しくなったのです!

一番最初に、最高モードともいえる「熟成」モード↓を試してみたのですが、一口目を口に含んだ瞬間、砂糖入ってる??ほんとにそう思ったほど、甘かったのです。
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器

それもそのはずで、ご飯を炊く釜にも大きな秘密がありました。
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器
ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器簡単に言うと、内釜内面のプラチナコートの効果で水質が変わり、ご飯の甘味成分の一つである「還元糖量」がアップするんだそうです。

ふるさと納税,大東市.,象印,炊飯器

また、保温機能も優れており、底センサーが、最適な温度でコントロールして、40時間までおいしく保温してくれるんだそう。
昔の炊飯器のように、長時間保温すると、ご飯が黄色くなって不味くなる、なんてことはもうないんですね😅

毎日食べるご飯ですから、こんな風に、美味しく食べれるようになるのは嬉しい限り。
これからもよろしくお願いしますね!

参考:寄付金・還元率
寄付金額:130,000円 
参考価格:約33,000円
還元率:約25%